年々伸び続ける合格実績の躍進にあたって

 

進路カウンセラーとして勤務し、個別進学相談や進路ガイダンスの講演などを行い、受験指導のアシストをしています。その中でいつも感心することは、何事にも一生懸命に取り組む八学生の姿勢です。授業にも学校行事にもクラブ活動にも意欲的で、自習室や進路相談室に閉館時間まで残って勉強をしたり、コミュニティーエリアで授業の疑問点を完全理解できるまで先生方に質問している様子をよく目にします。時には脱線して受験以外のことに熱中している学生もいますが、必ずネバー・ギブ・アップの精神でラストスパート、3年生では2月はもちろんですが3月になり卒業式を過ぎても、志望校合格の歓びの声が絶えないことに驚きました。この八学生のネバー・ギブ・アップの精神・力強い自主性は、必ず次の進学先でも役立っていることと思います。  それを支えているのが、学生に負けず劣らず熱心な担任の先生・進路の先生など、本校の教員スタッフです。進路の希望は学生により異なりますが、それぞれの質問・相談に相手が納得するまで回答・説明する教員スタッフの全力投球の姿勢が学生に伝わり、相乗効果となって機能しています。また本校卒業生の大学生チューターが曜日ごとに進路指導室に来校し、同じ学習環境で良い入試結果を出した先輩からより具体的なアドバイスを受けられることも、本校アピールポイントの一つです。

 

進路指導